千葉 銚子 歯科医院 インプラント 審美 歯周病 歯医者

 プロのクリーニング


 定期的なプロのクリーニングを受けた場合、むし歯・歯周病・入れ歯のリスクを大幅に下げることができます。健康志向の方々にもオススメです。


Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。
歯科医師、歯科衛生士などの専門家により、さまざまな器具とフッ化
物入りペーストを用いてすべての歯面とその周辺のブラーク(歯垢)
を除去する方法です。約20年ほど前にむし歯、歯周病の予防管理を
目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられ
て着実な臨床実績を上げています。



歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりでなく、プラークに含まれ
る雑菌を落とすことによるむし歯・歯周病予防の効果があります。
また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待で
きます。

PMTCはあくまでケア行為ですから、それだけでは病気は治りません。
しかし、プロのクリーニングによってお口の中の細胞レベルが低くな
れば、それだけ治療成績も良くなります。



年齢によって早すぎる、遅すぎるといったことはありません。
プロのクリーニングは、いつから始めても一定の予防効果が期待でき
ます。
大切なことは間隅を決めて定期的に行うことです。



歯の表面の着色は落とすことができますが、歯の色そのものは変わり
ません。



ケースにもよりますが、通常1回から3回くらいかかります。
1回のチェアータイムは約30分から1時間を予定してください。



その方のリスク(歯の歯肉の強弱、細菌の強さ、唾液の量、着色の程
度、生活習慣など)によってさまざまですが、一般的に3〜4ヶ月に
1回の割合で行います。



歯のクリーニング専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので、痛くありません。
PMTCの特徴は爽快感と快適さにあります。

歯科医師が行う場合もありますが、通常は歯科衛生士が行います。



患者さんのリスク、歯の汚れ具合などによって、さまざまなケースが
あります。
詳しいことはご相談ください。
 
歯の周囲には歯ブラシでは落とせない汚れがあります

 むし歯・歯周病はプラークが原因で引き起こされる疾患ですが、近年、
歯の表面に付着し成熟したプラークは「細胞バイオフィルム」であることが
わかってきました。
細胞バイオフィルムとは「多種多様の細菌が複雑にからみあってきわめて
安定した集落を作り、一種の共褄関係にあるような状態」をいいます。
 このフィルムは、細胞が分泌する多砂体に守られ、強力に付着するため、
歯ブラシではなかなか取り除くことができません。
 また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、付け薬、うがい薬など
の効果も限定的です。(図1)
PMTCはこのバイオフィルムをはがしとる手段として、最も能率的かつ効果的
な方法と考えられています。
(図2)

 
(図1)
(図2)

長い間の歯の表面に付着している殺菌(プラーク)は、歯ブラシでは落とせないものがあります。

磨ききれない汚れ

磨きにくいところ



 PMTCはこんなステップでおこないます


1. プラークがどこに残っている
のか染色液で確認します。

2. 歯の表面に専用のクリーニング

3. プラステックのチップを使って
歯と歯の間の汚れを落とします。

4. 歯肉を傷つけないように
柔らかいラバーカップで歯と歯肉の
境目の汚れを落とします。

5. さわやかな洗浄液でお口の中を
きれいに洗います。

6. 歯の質を強くし輝きを増すために
きれいになった歯面にフッ素を
塗布して終了です。


 もちろん!プラークコントロールにはセルフケアも必要

 ご自身による歯磨きは何といってもプラークコントロールの基本です。
歯の健康を維持するためには、歯磨き(セルフケア)とPMTC(プロのケ
ア)
とがうまくバランスがとれていることが大切です。
 ご自身で磨けるところは、頑張ってみがきましょう。歯磨きの方法などに
ついてはご指導します。

ご不明な点はお尋ねください。